タイシルクの歴史(その2) ジム・トンプソン覚え書き



スポンサード リンク

2007年11月06日

タイシルクの歴史(その2)

ジム・トンプソンは、多くの家内工業的な伝統的な絹織り手法の維持を主張しましたが、シルクの生産の水準をかなり引き上げる為に何点かの革新技術もまた導入しました。これは大量生産で織られたシルクであっても品質を保つ為の実質的な改善をもたらしました。

首尾よくアメリカやヨーロッパの市場に参入するために、標準化を行うことはとても重要な手順でした。彼はシルク生産の為の正確な指導書を作成しました。

実際、ジム・トンプソンによって導入された検査システムは、今日も未だ使われています。

ジムトンプソン工場の現在の染めの過程として、予測できない色の発生を無くすため、伝統的な植物性染料から、高品質で早く色が染まるスイスの染料を導入しています。

ジム・トンプソンは、毎日の生産量を上げる為に、手織りから、より早く織ることができる足踏式の織機に切り換えるように、生産者を説得しました。






  
さて、楽天の中から今日紹介するジム・トンプソン・ブランドの商品は、

☆送料・代引手数料無料★
Jim Thompson
シルクのような光沢の持ったコットン・カラーTシャツ
Sサイズ

コットン100%なのにシルクの光沢
その秘密はコットンをマーセル加工しているからです。

キャミソールを思い浮かべてください。。
あの光沢とサラサラ感はマーセル加工が作り出しているもの。
このTシャツにも同じ加工が施されています。
だから発色がきれいで、シワになりにくく、洗っても縮みませんし、ヨレヨレにもなりません。
今回はJim Thompsonが発表しているマーセル加工のカラーTシャツシリーズ全5色を取り揃えました。


素材:MECERISED COTTON100%
サイズ:肩幅36cm 胸幅45cm 着丈55cm

Jim Thompsonは全てアメリカンサイズです。
普段Mサイズをお召しの方はSサイズ、1サイズ小さ目のものをお選びになることをお勧めします。

☆送料・代引手数料無料★Jim Thompsonシルクのような光沢の持ったコットン・カラーTシャツ(イ...
posted by ジム・トンプソン at 20:04| Comment(0) | TrackBack(0) | タイシルクの歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
Yahoo!ブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録

スポンサード リンク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。