タイシルクの歴史 ジム・トンプソン覚え書き



スポンサード リンク

2007年11月11日

タイシルクの歴史(その7)

1960年初期に入って、シリキット王妃がアメリカ合衆国を公式訪問されたとき、ジム・トンプソンのシルクを使いピエール・バルマンがデザインした優美なファッションの数々は、アメリカ人を感嘆させました。

また、ジム・トンプソンは、タイシルクでシリキット王妃専用に多くの素晴らしい純金のブロケード(模様を織り出した織物)を作り出しました。

それ以来、シリキット王妃は、タイシルクの再興に手助けの役割を担っています。






  
JImThompson
コットンTシャツ(象の親子)

真っ白の良質コットンの生地にタイ王室を象徴する黄色が鮮やかにデザインされています。
そこには象の親子描かれています。
子象をいたわる親象のやさしい表情が印象的です。
生地に使われているコットンはとても肌触りが良く、目が詰まった織り方をしています。
吸湿性に富み、デリケートなお肌でも優しく包み込んでくれるでしょう。

今までのジムトンプソンなら象はあくまでリアルに描かれていましたが、この象の絵はイラスト的に描かれています。
これは新しい流れで、若い女性たちにも歓迎されています。

タイ人女性はTシャツを着るときにはピッタリサイズできるのが好きです。
ですから、タイテイストで着るなら小さめのサイズがお薦めです。

素材:コットン100%
サイズ:肩幅35cm 胸幅40cm 着丈54cm

JImThompsonコットンTシャツ(象の親子)Sサイズ
posted by ジム・トンプソン at 23:03| Comment(0) | TrackBack(0) | タイシルクの歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月10日

タイシルクの歴史(その6)

ジム・トンプソンは1959年4月3日に、公式にジムトンプソンのタイの家に引っ越しました。この歴史的な引越しは、いろいろな意味で、彼の成功を象徴しています。それはタイでの彼の人生の中で、最も活動的で最もうまくいっている期間の到来を告げました。

それまでに、タイシルクは国際的な名声を手にしました。そしてタイシルクは世界的に有名になりました。

・1956年に公開された叙事詩的な映画大作である「ベン・ハー」では、プロデューサーは、メインの衣装全てにタイシルクを使用したそうです。

・1954年の公開されたコメディ映画「Kind Sir」では、シルクに上品に描かれた絵が、優雅な風采を持っており、それはすぐに、映画の常連者達の関心を捕らえました。

・ロンドンでは、サヴォイ・ホテル・スイートがシルク仕上げを誇らしげに示しました。

・イギリス王室の所有のウィンザー城のカナレットの部屋を改装するのに、シルクが使用されました。

・7歳で世界一裕福な相続人となったバーバラ・ハットンは、彼女のメキシコを含むすべての住居の中でシルクを使用しました。

・アメリカのレイノルズメタル社は、アルミニウム糸を織り込んだシルクで執務室を飾り立てました。

・香港ヒルトンは、ダンスホールとスイートでタイシルクを使用しました。






  
Jim Thompson
ストラップタンクトップ
(魚柄)Sサイズ

伸縮性が強い素材ですので、ピッタリサイズで着ていただきたい商品です。
コットンは良質のものを使用しておりますから、吸湿性にも問題ありません。
コットンの快適感と、ライクラの伸縮性をあわせてお楽しみ下さい。

素材:コットン90% SPANDEX(ライクラ)10%
サイズ:紐から下47cm 胸元から下34.5cm 胸幅40cm West36.5cm

Jim Thompsonストラップタンクトップ(魚柄)Sサイズ
posted by ジム・トンプソン at 23:22| Comment(0) | TrackBack(0) | タイシルクの歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月09日

タイシルクの歴史(その5)

タイシルクは途切れることなく多くの人々に紹介されていきました。シルクの発見によって広範囲に広がる宣伝は、注文の殺到をあおりました。

ジム・トンプソンは1950年代前半までに、Surawongse通りに彼自身の小さい店をオープンしました。そして、シルク・ビジネスはジム・トンプソンにとって、いつも気になる存在になっていきました。物理的に限界のある条件の中で、生産者達は最大限の努力をし、シルクの生産は今まで以上の月産量を記録しました。






 
Jim Thompsonの超レアコレクション
マットミーシルクワイドショール
(ブラウン/象)

■マットミーシルクとは
タイ東北部に伝わる先染めという技法で作られた最高級のタイシルク製品のことです。「絹絣」とも呼ばれ、日本でいうと大島紬が同じ技法で作られています。
先染めとは、デザインに合わせて染める部分をバナナの葉の繊維できつく縛り、染色します。すると縛った部分は染料が染みず地の色が残ります。この作業を繰り返してできあがったシルク繊維を手作業で織り上げてゆくのです。全て手作りですから、ひとつとして同じ物はありません。
柄を合わせながら織ってゆくので、1日20cmから30cmがやっとというとても手の込んだものです。
シリキット王妃が振興したことから「Queen'a Silk」ともいわれ、王室の方々も公式の席でお召しになっている、真の意味でのタイシルクといえるものです。

Jim Thompsonではとても珍しいマットミーシルクのロングスカーフです。
はっきりいって超レアもの。
ロングスカーフというよりショールといった方がいいかもしれないほどワイドサイズ。
ですから、和服にあわせていただいてもとてもオシャレだと思います。

野蚕によって育てられた蚕が作り出した「黄金の繭」。
その中でも繊維の細くてしなやかな最良の部分を使用して織り上げられています。
それでもタイシルク独特の風合いはしっかりと息づいています。

素材:タイシルク100%
サイズ:W37cm×L160cm

☆送料・代引手数料無料★Jim Thompsonの超レアコレクションマットミーシルクワイドショール(ブ...
posted by ジム・トンプソン at 21:17| Comment(0) | TrackBack(0) | タイシルクの歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月08日

タイシルクの歴史(その4)

タイシルクは、続いてすぐに、演劇界への道を作りました。

絹のブロードウェイでの初登場は、マイク・トッドのピープショーでした。トッドは、国王陛下のタイの国王が優れたジャズの作曲家であり、サクソフォーン奏者であることを知っていました。そこで国王陛下のジャズの作曲の一つのトッドのショーとして特長づけました。そして青と緑の格子縞のタイシルクで作られた衣装が、国王陛下というジャズのテーマの演出を手助けしたのです。

その衣装をデザインしたデザイナーのアイリーン・シャラフも、絹の国際的な成功の一役を担いました。彼女は、タイ国王ラーマ4世の王太子の教育係として雇用されたイギリス婦人アンナ・レオノーウェンズの伝記を元にしたマーガレット・ランドン作の「アンナとシャム王」を原作にした1951年初演のロジャーズ(作曲家)とハマースタイン(作詞家)コンビのコメディミュージカル「王様と私」でシルクを使用しました。また、アイリーン・シャラフは、1956年に製作された映画「王様と私」でアカデミー衣装デザイン賞を受賞しています。






  
Jim Thompson
落ち着き世代の女性にお薦め
花の縁取りのジャカードスカーフ
(ブラック)

■Jim Thompsonの新シリーズ登場…
シックなベースカラーに小ぶりな花でびっしりと縁取りしたスカーフです。
一見地味な色使いの花の柄ですが、そこはタイシルクの特徴と、丁寧に織り込まれた地紋の折柄が表情を与えてくれます。

室内では静かに質素に。
でも、一歩外にでると陽の光を受けて美しいピンクに輝きます。
落ち着き世代の女性にこそお薦めしたい商品です。
違いが分かる、本当のよさが分かる女性なら、きっとご満足いただけるはずです。

素材:タイシルク100%
サイズ:W82.5cm×H82.5cm

☆送料・代引手数料無料★Jim Thompson落ち着き世代の女性にお薦め花の縁取りのジャカードスカ...
posted by ジム・トンプソン at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | タイシルクの歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月07日

タイシルクの歴史(その3)

1948年後半に、ジム・トンプソンはタイシルク有限会社を設立しました。ジム・トンプソンにとって、会社の持ち株がタイ国人によって保持されたのはとても重要なことでした。
会社が法人組織であったときに、50ドルで500の株を売却し、初期の登記資本金を2万5000ドルまで引き上げました。売却された株のうち、51%はタイ国民が購入し、残りの49%は外国人が購入しました。1967年までには、会社の取引高はおよそ150万ドルに及びました。

1949年に、ジム・トンプソンの兄弟の友人であり、ニューヨークで有名な画家であったチャールズ・バスカヴィルが、ジム・トンプソンの客としてバンコクを訪問しました。バスカヴィルには、ダイアナ・ブリーランド(ファッション誌編集長)といった国際的な著名人を含む多くの有名な友達や顧客との大きな付き合いの輪がありました。そしてバスカヴィルがタイを後にするとき、大量のシルクを持ち帰ったのです。







  
さて、楽天の中から今日紹介するジム・トンプソン・ブランドの商品は、

☆送料・代引手数料無料★
Jim Thompson
絵画のような蓮と小鳥のスカーフ
(ライトグレー)

■自然に触れる喜びと信仰心を絵に
華麗に咲き誇る蓮の花を訪れた一羽の小鳥が、しっかりとした筆致で描かれています。

蓮の花はタイを、そして仏教を象徴する花。
ですから、このスカーフは信心深いタイ人の心を描きあげた作品ということができるのではないでしょうか。
仏教に帰依する心と、自然を愛する心がこのスカーフを作り上げたというのはちょっと考えすぎでしょうか。

でも、ほのかで柔らかい印象を与えてくれる清潔感あふれるスカーフです。
どんな洋服にも似合いそうな色合いもうれしいですね。

素材:タイシルク100%
サイズ:W82.5cm×H82.5cm


☆送料・代引手数料無料★Jim Thompson絵画のような蓮と小鳥のスカーフ(ライトグレー) 1108秋...
posted by ジム・トンプソン at 21:01| Comment(0) | TrackBack(0) | タイシルクの歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月06日

タイシルクの歴史(その2)

ジム・トンプソンは、多くの家内工業的な伝統的な絹織り手法の維持を主張しましたが、シルクの生産の水準をかなり引き上げる為に何点かの革新技術もまた導入しました。これは大量生産で織られたシルクであっても品質を保つ為の実質的な改善をもたらしました。

首尾よくアメリカやヨーロッパの市場に参入するために、標準化を行うことはとても重要な手順でした。彼はシルク生産の為の正確な指導書を作成しました。

実際、ジム・トンプソンによって導入された検査システムは、今日も未だ使われています。

ジムトンプソン工場の現在の染めの過程として、予測できない色の発生を無くすため、伝統的な植物性染料から、高品質で早く色が染まるスイスの染料を導入しています。

ジム・トンプソンは、毎日の生産量を上げる為に、手織りから、より早く織ることができる足踏式の織機に切り換えるように、生産者を説得しました。






  
さて、楽天の中から今日紹介するジム・トンプソン・ブランドの商品は、

☆送料・代引手数料無料★
Jim Thompson
シルクのような光沢の持ったコットン・カラーTシャツ
Sサイズ

コットン100%なのにシルクの光沢
その秘密はコットンをマーセル加工しているからです。

キャミソールを思い浮かべてください。。
あの光沢とサラサラ感はマーセル加工が作り出しているもの。
このTシャツにも同じ加工が施されています。
だから発色がきれいで、シワになりにくく、洗っても縮みませんし、ヨレヨレにもなりません。
今回はJim Thompsonが発表しているマーセル加工のカラーTシャツシリーズ全5色を取り揃えました。


素材:MECERISED COTTON100%
サイズ:肩幅36cm 胸幅45cm 着丈55cm

Jim Thompsonは全てアメリカンサイズです。
普段Mサイズをお召しの方はSサイズ、1サイズ小さ目のものをお選びになることをお勧めします。

☆送料・代引手数料無料★Jim Thompsonシルクのような光沢の持ったコットン・カラーTシャツ(イ...
posted by ジム・トンプソン at 20:04| Comment(0) | TrackBack(0) | タイシルクの歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月05日

タイシルクの歴史(その1)

フランク・クラウニンシールド (雑誌 Vanity Fair の設立者、編集者)は、ジム・トンプソンがニューヨークで数年間過ごした時代の知人であり、アメリカ・ファッション界へのジム・トンプソンにとっての唯一のコネクションでありました。

フランクは、ファッション誌Vogue(ヴォーグ)の女性編集長であり、アメリカ・ファッション界の権威であったエドナ・ウールマン・チェイスとの面会の手助けも行いました。

彼女の机を覆ったキラキラと輝く光る絹を見たエドナは深く感動し、"これは素晴らしい新しい発見です!"とその織物を紹介しました。
まずはヴォーグの紹介ということで、タイシルクはデビューを果たしました。そしてすぐ後に、ヴァレンティナ(ドレスデザイナー)は、ヴォーグの為にタイシルクのドレスの写真を撮りました。ジム・トンプソンの名前が、その記事の見出しに載りました。

その結果にジム・トンプソンは非常に勇気づけられ、彼はタイシルクのタイ国外への市場に対する潜在能力の高さを感じ、バンコクに戻りました。

1948年の初期に、ジム・トンプソンは、絹の販売網を設立しました。但しそれは実店舗ではありませんでしたが、独立している小売店や、La Oneと呼ばれる土産物屋で絹を使った様々なお土産品を販売しました。

次の事例は、ジム・トンプソンが彼の製品に傾けた情熱と肩入れを明確に表すと思います。それは、チャーリー・チャップリンの3番目の妻とも知られる女優のポーレット・ゴダードが、ジム・トンプソンがパリで行った晩餐会に出席したことでも伺えることでしょう。

「ゴダードさんは、ジム・トンプソンがつけていたタイシルクのスーツに対し、相当な賛美を言い表すだけでなく、彼女の男性の友人にそのようなスーツを1着届けて欲しいとお願いまでしました。ジム・トンプソンは躊躇することなく、そのスーツを彼女にプレゼントし、自分はコートを羽織ってホテルに戻りました。」






  
さて、楽天の中から今日紹介するジム・トンプソン・ブランドの商品は、

☆送料・代引手数料無料★
象の目がスワロスキーの大粒カラークリスタル
Jim Thompson
ドレスTシャツ(Sサイズ)

その最大の秘密は胸元を飾る象。
この象には、クリスタルの最高峰スワロフスキーのカラークリスタルが目や鞍の部分に使われています。
同社のジュエリーやアクササリーにも使えるような高品質のクリスタルですから、シッカリとカットもされています。
このカラークリスタルが光を受けてきらきらと輝き、胸元を美しく演出します。

高品質のコットンに、すばらしい伸縮性をもったライクラ(SPANDEX)という素材を加えています。
ライクラとはスイムウェアやレオタードなどのように、着心地とスタイルのよさをプラスする快適ストレッチ素材です。
ライクラを混紡することで快適な伸縮性ときれいなシルエットが得られます。
また型崩れもしにくという特徴ももっているので、長くご愛用いただけます。

素材:コットン95% SPANDEX(ライクラ)5%
サイズ:肩幅37cm 胸幅45cm 着丈52.5cm

☆送料・代引手数料無料★象の目がスワロスキーの大粒カラークリスタルJim ThompsonドレスTシャ...
posted by ジム・トンプソン at 21:12| Comment(0) | TrackBack(0) | タイシルクの歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Yahoo!ブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録

スポンサード リンク

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。