ジム・トンプソン覚え書き



スポンサード リンク

2007年11月10日

タイシルクの歴史(その6)

ジム・トンプソンは1959年4月3日に、公式にジムトンプソンのタイの家に引っ越しました。この歴史的な引越しは、いろいろな意味で、彼の成功を象徴しています。それはタイでの彼の人生の中で、最も活動的で最もうまくいっている期間の到来を告げました。

それまでに、タイシルクは国際的な名声を手にしました。そしてタイシルクは世界的に有名になりました。

・1956年に公開された叙事詩的な映画大作である「ベン・ハー」では、プロデューサーは、メインの衣装全てにタイシルクを使用したそうです。

・1954年の公開されたコメディ映画「Kind Sir」では、シルクに上品に描かれた絵が、優雅な風采を持っており、それはすぐに、映画の常連者達の関心を捕らえました。

・ロンドンでは、サヴォイ・ホテル・スイートがシルク仕上げを誇らしげに示しました。

・イギリス王室の所有のウィンザー城のカナレットの部屋を改装するのに、シルクが使用されました。

・7歳で世界一裕福な相続人となったバーバラ・ハットンは、彼女のメキシコを含むすべての住居の中でシルクを使用しました。

・アメリカのレイノルズメタル社は、アルミニウム糸を織り込んだシルクで執務室を飾り立てました。

・香港ヒルトンは、ダンスホールとスイートでタイシルクを使用しました。






  
Jim Thompson
ストラップタンクトップ
(魚柄)Sサイズ

伸縮性が強い素材ですので、ピッタリサイズで着ていただきたい商品です。
コットンは良質のものを使用しておりますから、吸湿性にも問題ありません。
コットンの快適感と、ライクラの伸縮性をあわせてお楽しみ下さい。

素材:コットン90% SPANDEX(ライクラ)10%
サイズ:紐から下47cm 胸元から下34.5cm 胸幅40cm West36.5cm

Jim Thompsonストラップタンクトップ(魚柄)Sサイズ
posted by ジム・トンプソン at 23:22| Comment(0) | TrackBack(0) | タイシルクの歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Yahoo!ブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録

スポンサード リンク

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。