ジム・トンプソン覚え書き



スポンサード リンク

2007年11月08日

タイシルクの歴史(その4)

タイシルクは、続いてすぐに、演劇界への道を作りました。

絹のブロードウェイでの初登場は、マイク・トッドのピープショーでした。トッドは、国王陛下のタイの国王が優れたジャズの作曲家であり、サクソフォーン奏者であることを知っていました。そこで国王陛下のジャズの作曲の一つのトッドのショーとして特長づけました。そして青と緑の格子縞のタイシルクで作られた衣装が、国王陛下というジャズのテーマの演出を手助けしたのです。

その衣装をデザインしたデザイナーのアイリーン・シャラフも、絹の国際的な成功の一役を担いました。彼女は、タイ国王ラーマ4世の王太子の教育係として雇用されたイギリス婦人アンナ・レオノーウェンズの伝記を元にしたマーガレット・ランドン作の「アンナとシャム王」を原作にした1951年初演のロジャーズ(作曲家)とハマースタイン(作詞家)コンビのコメディミュージカル「王様と私」でシルクを使用しました。また、アイリーン・シャラフは、1956年に製作された映画「王様と私」でアカデミー衣装デザイン賞を受賞しています。






  
Jim Thompson
落ち着き世代の女性にお薦め
花の縁取りのジャカードスカーフ
(ブラック)

■Jim Thompsonの新シリーズ登場…
シックなベースカラーに小ぶりな花でびっしりと縁取りしたスカーフです。
一見地味な色使いの花の柄ですが、そこはタイシルクの特徴と、丁寧に織り込まれた地紋の折柄が表情を与えてくれます。

室内では静かに質素に。
でも、一歩外にでると陽の光を受けて美しいピンクに輝きます。
落ち着き世代の女性にこそお薦めしたい商品です。
違いが分かる、本当のよさが分かる女性なら、きっとご満足いただけるはずです。

素材:タイシルク100%
サイズ:W82.5cm×H82.5cm

☆送料・代引手数料無料★Jim Thompson落ち着き世代の女性にお薦め花の縁取りのジャカードスカ...
posted by ジム・トンプソン at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | タイシルクの歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Yahoo!ブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録

スポンサード リンク

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。